Lighting Designer/照明デザイナー

Imagination means nothing without doing.

DAおよびsDA

DA(Daylight Autonomy)は室内に昼光がどの程度入射するかを評価する指標で、室内の各計算点において、設定照度以上となる時間の年間在室時間に対する割合で評価します。
またsDA(spatial Daylight Autonomy)は、室内床面においてDAが基準割合以上になる面積の床面積に対する割合です。

南面に掃出窓および西面に腰窓を設置する場合に、設定照度は300 ルクス、年間在室時間は3650時間、sDAの基準割合は50%として、DAおよびsDAを計算してみました。
天空光のみ考慮しています。


上から
(画像1) DAの分布
(画像2) DAが50%以上のエリア:sDA=59%
画像全て:©2022 Susumu Matsushita Architecture & Lighting Design Labo.

注: 掲載画像の無断使用はお断りしています.


ASE

設計支援業務

照明デザイン及び照明設計を支援します.施主・建築設計者様向けのサービスです.

詳細ページへ

光環境評価支援業務

光環境のシミュレーション及び評価を支援します.施主・建築設計者様向けのサービスです.

詳細ページへ

技術支援業務

照明器具データの作成などを支援します.メーカー・販売業者様向けのサービスです.

詳細ページへ

研究支援業務

照明関連の研究などを支援します.研究者・建築設計者様向けのサービスです.

詳細ページへ