TAL_easyenergysimulation

全般照明型TAL方式 エネルギー簡易評価ツール

本ツールは、全般照明型TAL(タスク・アンビエント照明)方式※を用いたオフィスの照明設計およびエネルギー評価を、簡易に行うことができる照明設計ツール(本体はEXCELファイル)です.

設計条件を入力すると、従来の光束法では対応不可であった、天井及び壁の設計輝度と作業面の設計照度の両方を満足する照明器具(拡散配光器具に限る)の器具光束および灯数と、それらを踏まえた消費電力および省エネ率を自動的に計算します.

※全般照明型TAL方式は、アンビエント照明に全般照明を用いるTAL方式です.
※本ツールで用いている照明設計法は、2022年照明学会全国大会にて、『全般照明を用いたタスク・アンビエント照明方式における天井および壁の設計輝度を満足する簡易設計法の開発』というタイトルで発表していますので、ご参照ください(梗概は表中の値を一部修正しています).
【梗概】R4_IEIJ_kougai.pdf

メールアドレス及びお名前(ニックネーム可)を記入して送信頂くと、ダウンロード先を明記したメールをお送りします.

メールアドレス: お名前: