しあわせ・あかり計画〜住宅照明計画応援サイト〜

TOP コース詳細 Q&A 計画の流れ 無料e-book 豆事典 メルマガ 問合せ


≪住まいのあかり豆事典≫


【単位光束法】

多灯分散照明方式を簡易に行うために開発された照明設計法のこと。
明るさの基準として、水平面照度でなく、空間全体の光束(光の量)を優先する考え方を採用しています。
設計手順は、まず室内全体の光束を算出して、次にその室内で行われる生活行為に応じて明るさのゾーニングを行い、最後にそのゾーニングに沿って室内全体の光束を分配するという流れになります。
室内全体やゾーンに必要な光束を算出する際には、照明器具の種類や空間の建築条件ごとに単位光束をまとめた単位光束表を用います。
単位光束とは、対象となる空間の平均床面照度において50(lx)を得るために必要な照明器具の器具光束のことです。


tanikousokuhyo.jpg


単位光束法のもう少し詳しい紹介はこちら
 

  e-book

『多灯分散照明と単位光束法』


 


new-book

『図解入門 よくわかる 最新 照明の基本と仕組み』


 


Google

 

住まいのあかり豆事典 INDEX
 

e-manual

『簡易設計マニュアル』

簡易設計マニュアル

照明 昼光照明 人工照明 光環境 一室一灯照明方式 多灯分散照明方式 明るさ感 グレア 照度 色温度 演色性 分光分布 比視感度(分光視感効率) 間接照明 ウォールウォッシャー ライトアップ 光害 配光 ビーム角 電球形蛍光ランプ 3波長形蛍光ランプ Hf蛍光ランプ ミニクリプトンランプ レフランプ ハロゲンランプ LED(発光ダイオード) 電球形LEDランプ 有機EL(エレクトロルミネッセンス) 配線ダクト(ライティングダクト) 人感センサー 照度センサー シーン記憶式調光器 LOHAS(ロハス) ユニバーサルデザイン 省エネラベリング制度 PSEマーク 改正省エネ法 照明率 単位光束法 照明デザイナー

松下進建築・照明設計室
Copyright 2006 Susumu Matsushita Architecture & Lighting Design Labo.: webmaster@matsushitas-lighting.com